つなかぬのWEB日誌

あなたのうしろなう。^^

三沢陽一『致死量未満の殺人』
アクの強い文章に戸惑いますが、展開にどんどん引き込まれていって、最終的にはむしろ癖になる。タイトルがどちらにしろネタバレすぎる・・・。

服部まゆみ『レオナルドのユダ』
中途半端な予備知識があったものだから、史実については確認作業になってしまいましたが、「嫉妬」の描写が真に迫ってくるのと、サライが愛すべき阿呆でありました。

野々宮ちさ『黄昏のまぼろし
本格ではないものの、割とフェアなミステリー。助手が単なる聞き役や引き立て役ではなく、考えて奔走して、成長するのが好ましいです。軽快な筆致と豊富な情報量で一気に読んでしまいました。

佐々木丸美『岸の館』
おバカ扱いの主人公でさえ、ある程度の知識水準と思考力を有する・・・罠ではないかとすら疑いましたが・・・。

内藤了『ON 猟奇犯罪捜査班藤堂比奈子』
ドラマ版が好きだったので今更ながら。比奈子の人物像はドラマ版のほうが好きですが、描写のエグさと展開はこちらに軍配を上げたい。思いっきり先生ルートじゃないか!