Happy☆Smile☆Hello☆Days☆

あなたのうしろなう。^_^

『今昔物語集 ビギナーズ・クラシックス』

今昔物語が読みたい!と思い立ったものの、
いろいろありすぎて、どれがいいのかわからず・・・
表紙でえいやっ!と手に取った本書を読んでみたところ、
唖然とするようなシビアな話が気になりました。

我が子と老いた母親が溺れかけていて、
どちらかしか助けられないので、
子どもはまたつくればよいが
母親は一人しかいない!という理屈で
子どもを見捨てたら
嫁はぶち切れましたとさ・・・とか・・・

乳飲み子を連れた若い母親が
野盗に襲われそうになったので
我が子を人質に必ず戻ると交渉して
自分だけ逃げ延び、
赤ん坊は野盗に惨殺されましたとさ・・・とか・・・

当時の時代背景がどうのという解説もついていますが、
現代の感覚ではただただどうかしてる話に
成り果てていて、とてもいいです。
たとえ、どちらも地獄だとしても、
決断しなきゃいけないときってあるよねー
という・・・。

次はそちら方面の話を中心にあたってみようと思います。

あるのか?

今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)

今昔物語集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)