Happy☆Smile☆Hello☆Days☆

あなたのうしろなう。^_^

早朝、犬と散歩していましたら、
いつもの道に異様な光景が広がっていました。
5mほどの間隔をおいて
帽子、靴、ジャケットなどが散乱しています。
これを辿っていったら、
その先にこれらの持ち主が転がっているのでは?
という・・・嫌な想像が頭をもたげます・・・。

興奮する犬をなだめつつ
草むらのほうに徐行して進んでいきますと、
犬が何やらじゃらじゃらしたものをみつけて咥えています。
取り上げてみると、カラビナに5本ほどの鍵がついたものです。
しかも、車の鍵や家の鍵としか思えないものもあります。
面倒なことになってきました・・・・。

とりあえず周りを見ても
人らしきものは転がっておらず、犬も何も見つけなかったので
鍵を持って一番近所の交番に向かいました。
・・・・が、巡回中で誰もおらず・・・・。

しかたなく、いったん帰宅することにしました。
もうこの上なく面倒になってきましたが、
家の鍵らしきものが含まれているのが気になったので、
朝食を済ませてから、すぐに姉に車を出してもらって
警察署へ行きました。

事情を話して調書を作ってもらっていると、
なんと、そこに顔面蒼白の落とし主が現れました。

その場で少し雑談になってしまいましたが、
どうやら酔っぱらって帰宅する途中に
もろもろ紛失してしまい、
さきほど家の前で目覚めて青ざめたのだとか・・・・。

うわあ・・・・・。

他の紛失物(財布)もすでに届けられていたようで、
平謝りの彼を残して私は退散するはこびとなります。

これが朝9時前のできごと。
彼がへべれけになって帰路についたのが未明頃としても
朝の9時までに貴重品を含む紛失物がすべて
届けられるって・・・・おらが町は平和だなあ・・・・
とか思いました。