Happy☆Smile☆Hello☆Days☆

あなたのうしろなう。^_^

先日、男性声優のアルバムが発売わずか2日で回収・販売停止となった顛末について、遅れ馳せながら把握した次第です。
発売元レコード会社の発表によると、「同作曲家による同楽曲がすでに発表されていたと発覚したため」で、双方の音源を所有するファンの方によれば、歌詞こそ違うものの、メロディーとアレンジがほぼ同じで、「どう考えても同じ曲」だということです。
同じ作曲家による楽曲ということなので、法的な問題ではなく、当事者であるアーティストやファンに対する心情面などの配慮から、レコード会社による判断の下、そのような処置に至ったものと思われます。

で、

ドキリとするのは、同じ作曲家さんを好きで追っていると、「おや、この曲は・・・?」という瞬間が、まあ・・・けっこうザラにあるのです。よくよく聴けば、微妙に音階が違う箇所があったりするのですが、構成やアレンジが似ていることは、特に珍しいことではないように思います。
でもそれは、故意だとか、ましてや悪意があってのことだとは、どうしても思えないのです。たぶん、うっかりなのです。てへぺろなのです。
今回のケースでは、同じレーベルで、ファン層もやや近いフィールドだったという背景もあるので、他に仕様のない処置だったと思います・・・・。が、今後、好きな作曲家さんの似たような曲に気付いても、くれぐれも黙して語るまい・・・と、そんなことを思ってしまいました。