Happy☆Smile☆Hello☆Days☆

あなたのうしろなう。^_^

さユり中毒

新譜もいろいろ買ってはいるんですが、結局、さユりさんばかり聴いています。暗めの曲が多いんですけど、基本的な楽曲としての質がすごく高いので、不思議とテンション高いときにも心地よく聴けるんです。

今、お気に入りなのはネバーランド」「かさぶた」「光と闇」辺り。メロディーにフックがあって癖になります。パラレル実験室の男子会のときの音源が特に好きで、このときのネバーランドのおどろおどろしさがとてもいいです。「かさぶた」はすごくきれいなメロディーなんですが、基本的に声がひっくり返るところがいいですね。

あと、「蜂と見世物」の曲前の口上も相まっての切迫感には圧倒されます。この曲は、電子ギターとピアノの旋律もかなり重要な役割を担っていて、トラックとして完成されつつあるので、スタジオ音源化も近いのかな・・・と思ったんですけど、なかなかされないですね。テーマがテーマなので、そこがネックなのかもしれないですが・・・。歌詞が珍しく感情的というか、まとまりのないのも少し気になります。さユりさんの歌詞は、激情的にみえて、ちゃんとわかりやすく作品に昇華されているものが大半だと思うんですが、この曲はかなり感情的に書き殴っている感じがして、それが、妙に切迫感をもって胸にせまってくる一因なのかな、と思ったり。

 

とにかく、はやくさユりさんのアルバムが聴きたいなあ~と思う今日このごろ・・・という話でした。