つなかぬのWEB日誌

あなたのうしろなう。^^

だちゃーん。

ダチャーンこと、原田ひとみさんの久しぶりのシングルが出ましたね。

はじめて聴いたとき、雷に撃たれたかのような衝撃を受けました。

名曲の多いダチャーン史のなかでも指折りの出来になるのではないかと感じます。

メロディーや構成もすばらしい曲ですが、何より、見せ場がほとんどダチャーンのフェイクだというところです。

何回あうあうあうああああああああああああああああっていうんでしょうか。

歌手の歌い方で魅せている事に衝撃を受けました。

こんなのダチャーンにしか歌えません。

ダチャーンの魅力がこれでもかと堪能できる1曲にご満悦です。

 

C/W曲も、表題曲の流れを汲む癖のある激しい曲。

歌詞が秀逸で、これぞダチャーンという感じです。