Happy☆Smile☆Hello☆Days☆

あなたのうしろなう。^_^

怪談

お盆中なんかは、実家が暑くて暑くてどうしようもなかったので、

家のなかでは割と風通しのいい客間で寝ていたのです。

 

その日も、網戸全開で扇風機を強にしてムニャムニャしていたんですが、

なんか背中に違和感があるなあ~と思って、さわさわするんですけど何でもなくて、

また寝ていると今度は尻に異物感があって、まどろみながらも手でモゾモゾしてたらなんか取れたので、暗闇に目を凝らしたら、ゲジゲジですよ。

びっくりして掴んだゲジを思いっきり壁に叩きつけたんですけど、タフなゲジは当たり前のように壁に受け身を取り、床に落下すると同時に素早く暗闇に消え去りました。

 

 

たしか、ゲジは気持ち悪いけど刺したりはしなかったと思うのですけど、な~んか嫌な感じだったので、仕方なくモソモソとクソ暑い別の部屋で汗まみれになりながら寝ることになりました。

 

 

 

翌朝、父親にこの話をしたところ、彼は昔あの客間で寝ているとき、腕にいいようのない違和感を覚え、目をやると小さなやぶ蛇がいたことがあるといいます。

 

恐ろしい家です。

 

僕はゲジゲジで済んで本当によかったです。

 

 

 

というか、あそこが客間で本当にいいのだろうか?

 

 

 

家人ならいざ知らず、もし・・・・・・