Happy☆Smile☆Hello☆Days☆

あなたのうしろなう。^_^

たとえば、「想像力」という言葉を便利に使う人がいますけれども、本を読んで遠い国の風土や文化を知る事と、タブレット端末を持ってありもしない紙の質感やインクの匂いを想像することに、大した差があるとも思えないのですが、前者は当たり前のように称賛…

ありがとうぁみ『怪談日記』ぁみさんを文章で読んでもなんだかなーなんですが、話自体はとても面白い。最後の話には思わず涙ぐんでしまった・・・。そういえば、うちの祖母が亡くなる前日の日記にも、深夜に玄関のチャイムが鳴ったけど怖くて出なかった、と…

皆川博子『u (ウー)』読了。 導入からUボートものを期待してしまうが、割合としてはオスマン帝国史が中心となり、難解な用語の頻出に悶えた・・・。しかし、読み進めるにつれ、壮大な物語の全容が明らかとなる。すべてがつながり、物語が帰結する場所には、…

おすすめ本交換会! in図書館

お友達と図書館でおすすめ本を選んで交換して借りてみようという試み。ルールはこれだけ! 合計1000ページ前後で、何冊でも可 事前に<NG要素>を申告可 返却期間は任意、感想等は言いたければ言いたいときにどうぞ 基本的には300ページ前後が3冊になること…

さくら、うるわし 左近の桜 作者: 長野まゆみ 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/11/02 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る (これまでのあらすじ)桜蔵(さくら)はちょっと変わった体質の男(おんな)の子。年上の恋人・真也(まや)との…

本当に大切なものは・・・

『決定版 グリム童話事典』というのを読んでいたら、こんなお話がありました。 ねずみと小鳥とソーセージの話(あらすじ) 仲良しのねずみと小鳥とソーセージが一緒に住んでいました。1匹と1羽と1本は生活するうえで、小鳥が薪拾い、ねずみは水汲みと火おこ…

『今昔物語集 ビギナーズ・クラシックス』

今昔物語が読みたい!と思い立ったものの、いろいろありすぎて、どれがいいのかわからず・・・表紙でえいやっ!と手に取った本書を読んでみたところ、唖然とするようなシビアな話が気になりました。 我が子と老いた母親が溺れかけていて、どちらかしか助けら…

竹本健治『ツグミはツグミの森』

竹本健治『ツグミはツグミの森』を読了。こんなにドキドキして、夢中になって読めるなんて・・・もう無理だと思っていました。とても、良かったです。 嵐の合宿棟、妖しい双子、森で起きた陰惨な事件…よだれが出るような要素がてんこ盛りですが、そんなもの…

柳広司『柳屋商店開店中』

柳広司さんの随筆&短編集『柳屋商店開店中』を読みました。 シリアスな作風のイメージが強いせいか、随筆パートのとぼけた筆致に思わずほっこり。「嘘つきです!」のくだりは、わたしにも思い当たる節があって、つい頷きながら読んでしまいましたが、はたと…

畠山清行『秘録・陸軍中野学校』

畠山清行『秘録・陸軍中野学校』を読了しました。アニメ『ジョーカー・ゲーム』に登場する諜報組織<D機関>のモデルとされる、<日本陸軍中野学校>の歴史と、出身者たちの活躍を描いたノン・フィクションです。『ジョーカー・ゲーム』ファンとしては、モデルといって</d機関>…

kindleで本を読むようになって、初めて自分が読むの遅いんだと気が付きました。だいたい平均の1.5倍くらいはかかってます。なんでみんなそんなに読むの早いの?

三津田信三『怪談のテープ起こし』

三津田信三『怪談のテープ起こし』を読了。たまたま目に入って、なんとなく手に取ったのだが、おもしろかった!人の狂気と人外の恐怖とのあわいが絶妙に好ましく、読者自身も巻き込むような仕掛けも悪趣味でとてもよい。ちなみに、ある章を読んでいるとき、…

黒澤明『蝦蟇の油 自伝のようなもの』

黒澤明『蝦蟇の油 自伝のようなもの』を読了。 思わず唸ってしまったのは、小学校時代からの友人・植草圭之助氏との関係である。氏に対する評価のなかの、「私は苦悩に抗うために強者の顔をするが、彼は苦悩に耽溺するために弱者の顔をする」という部分には…

有栖川有栖「論理爆弾」読了。ついにワトソンはスマホですよ、時代ですねえ。今作は本格とはかけ離れているんですけども、2時間ドラマのようなドキドキとクライマックスの展開は最高でありました。私も一度でいいから、鄙びた山村で山姥風の老婆に「今すぐ立…

やや郊外にある、市の図書館の分室から本を取り寄せてもらいましたところ、その本にくっついていた貸出カードに過去にこれを借りた人の氏名と職業が記入されていました。 こういう時代があったという知識はありましたが、実際に目にしたのは初めてです・・・…

図書館とアリスと。

図書館のいいところの1つは、返却期限があるということです。返さなきゃいけないので期限内に読み終わります。買うと、いつでも読めると安心して積む確率が上がります・・・。 ただ、存命作家の本を金銭的な理由以外で買わないとなると、自分の目の前でちょ…

京極夏彦『虚実妖怪百物語』

「京極作品史上最長」と銘打たれてはいますけれども、肩肘張らずに笑って泣ける?作品だったのです。おバカ方面に振り切れつつ、ちょっとだけ真面目な妖怪論もアリ・・・といって、どんなに真面目でも結局妖怪のことですから、やっぱりおバカはおバカなので…

破!!

京極先生の最新作3週連続刊行の第2弾!『虚実妖怪百物語 破』もあっという間に読み終わってしまいまして、また『序』から読み返して週末を待っています。 今作も、無理矢理寓意を見出そうと思えばそう取れなくもなくはない―なくなくない?のですけども・・・…

聖餐城

聖餐城 (光文社文庫) 作者: 皆川博子 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2010/04/08 メディア: 文庫 クリック: 11回 この商品を含むブログ (3件) を見る 皆川博子さんの著作を拝読すること4作目にして、お恥ずかしながら、やっと読み方のコツが少し掴めてまい…

序!

京極先生の最新作!『虚実妖怪百物語 序』を読み終えました。3週連続刊行の第1弾! 映画「妖怪大戦争」(2005年)の没案が元ネタというだけあり、エンターテイメント色が強くて読みやすいです。リユース!しょうもないギャクあり、猟奇事件ありのちょっとだ…

双頭の悪魔

有栖川有栖さんの<江神シリーズ>を何気なく読み始めたところ、思った以上にハマッてしまい、ついつい睡眠時間を削って読みふけっておりました。 双頭の悪魔 (創元推理文庫) 作者: 有栖川有栖 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 1999/04 メディア: 文庫 購…

双頭のバビロン

皆川博子さんの『双頭のバビロン』を読み終えました! 長かった・・・!難しかった・・・・!!でも楽しかった・・・・・!!! とにかく、細部の情報量がすごいのです。劇中劇も全部面白そうで本当に観てみたいなあ・・・。読み終えてやっと、タイトルがダ…

8月に読んだ本。

嫌なことが続いて、精神が病み病みヤングパラダイスなので、久しぶりに図書館に行ってきたのですが、利用が1年ぶりくらいだったので、カードの更新で住所と電話番号を聞かれました。何を血迷ったか、携帯電話のほうの番号で登録していたらしく・・・・あわあ…

京極夏彦「書楼弔堂 破暁」を再読。

思うところがあり、京極夏彦・著「書楼弔堂 破暁」を読み返した。 この本は、3年前の発売日に勇んで購入したものの、当時は読み終えるのに随分時間が掛かってしまった。どうしても気乗りがしなかったのだから仕方がない。 それというのも、今作は京極作品の…

柳広司<D機関シリーズ>を読了。

テレビアニメ「ジョーカー・ゲーム」にどっぷりとハマッてしまい、「91Days」に軸足を移しつつも、なんとなくD機関から気持ちが離れきれずにいるので、既にうずたかい積み本の山に後ろめたさを残しつつも・・・つい原作を読み始めてしまった。 柳広司による…

ラッセル・ブラッドン (池央耿・訳) 「ウィンブルドン」を読了。

テニスはスリル!ショック!サスペンス! タイムリーなところで、ウィンブルドンが舞台のミステリー。当然のことにテニスが主題で、ページの大半が試合の描写に割かれるのだが、テニス知識といえば、「テニスの王子様」と「ベイビーステップ」のみという僕で…

読書の夏。

体調も落ち着いてきたので、久しぶりにお犬さまと散歩に出かけましたところ、いつものコースもすっかり夏景色になっていて、なんだか気持ちがよかったです。 夏は少しの散歩と、あとの大半は読書に限りますね。降り注ぐ陽光は大変気持ちのいいものですが、調…

10代で読んでよかった小説!マイベスト5

これがオススメ!ぜひとも読むべき!というわけではなく・・・私が10代で読んで面白かったと思う作家と、特に好きな作品を選んでしまったのでぬるっと発表。 教養とかいう胡散臭い大義名分は無しです。ただただ楽しく現実逃避、娯楽のかぎりを尽くしました。…

6月に読んだミステリーメモ。

ガイドとして『おすすめ文庫王国2016』『国内ミステリーマスリード100』『女子ミステリーマストリード100』を片手にミステリー漁りに勤しんだ。たいへん有益で、充実した読書ライフを送ることができた・・・が、もう少し読むペースは上げられないものだろう…

島田荘司「龍臥亭事件」を読了。

名探偵・御手洗潔シリーズの番外編的な立ち位置で、かつて御手洗のワトソン役であった石岡が、ホームズに捨てられたと思い込み憔悴していたところ、妙な依頼が舞い込み、ずるずると「津山三十人殺し事件」を下敷きとする陰惨な事件に巻き込まれてしまう・・…