つなかぬのWEB日誌

あなたのうしろなう。^^

細々と書いてきたはてなダイアリーからの引っ越し統合を行ったところ、何故か以前より記事数が減るという怪現象が起きてしまいましたが、無事にリニューアル終了しました。ブログタイトルとハンドルネームが微妙に変わっています。心機一転、これからは後から消したくなるような事を書かないようにしたいです。なんてDV男みたような事をいっていますが信用してはいけません。

 

舞台設定と雰囲気がすごくいい。ボリュームの割に価格も高いしシステムの利便性もアレだけど、インディーズゲームでそこは酌量したいところ。そして、動物好きは閲覧注意!

 

だんだん癖になってくる。たけしっていうな!

いわれてみれば、原典の内容が全く思い出せないのでこれも。

吾輩は猫である

吾輩は猫である

 

もう一つは若者っぽい感じだったので、おじいちゃんっぽいこっちに。寝る前に少しずつ聴こう。

 

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

吉原手引草 (幻冬舎文庫)

 

予想以上の凄惨な結末に思わずニッコリ。声優さんめちゃくちゃうまい。

Audible 月額会員 返品方法ざっくりまとめ

※ 情報は記述日時点

web上での返品

トップページ→○○(会員名)さんこんにちは!→アカウントサービス→購入履歴(返品)

から返品する事ができる。ただし、この方法には回数制限があり、通常は8~10回で返品不可という表示に変わってしまう。回数についての報告は2回~13回などもあり、法則の詳細は不明。

web上での返品回数制限を超えても、カスタマーサービスから返品を依頼する事ができる。(下記)

カスタマーサービスから返品依頼(Eメール)

トップページ→お問い合わせ→Eメール

から専用フォームで返品を依頼する事ができる。

件名に「返品希望」と明記し、

要件欄には

(1)返品を希望するタイトル名(コピペが好ましい)

(2)返品する理由(以下から選択)

・音声に関する問題(音飛びなど)

・タイトルの内容が気に入らなかった

・ナレーションが気に入らなかった

・間違って購入した

・紙の本を購入したつもりだった

・その他(具体的に)

を書いて送信する。

  • 対応は人力だと思われるので、早ければ数分で処理が完了するが、土日など繁忙日だとかなり時間が掛かる事もある。また、営業時間(8時~22時)外は対応されない。
  • 面倒だが、こちらの方法に関しては回数が無制限という情報もある。
  • ただし、Amazonでは過去に注文のキャンセルや返品を繰り返したユーザーのアカウントが凍結される事態も発生している。余りに度を超えた返品は控えるべきなのかもしれない。